捨てられるものをもう一度

コーヒー豆を挽き、ペーパードリップで抽出

いい香りに包まれながら一日のスタートを切る。

ふと「コーヒーの出涸らしを何かに使えないかな?」

と思ったことがきっかけで、コーヒー染めを始めました。


 自然の色素による、美しくやさしい色合い

色の出具合が毎回違ってくるということも、合成染料と違う点。

同じコーヒーでも色素が一定ではないため、全く同じ色は出せません。

それもまた、一期一会の魅力と言えます。


経年変化を楽しむ

草木染めの一種であるコーヒー染めは、

使っていくうちに変色や色落ちがあるのですが、それも魅力。

変色していくことも使い込んだ味わいとなり、

より愛着が深まります。


カフェオレとカプチーノ

染料を発色、定着させる媒染剤は

ミョウバンと鉄媒染を使用しています。

ミョウバンは柔らかなベージュ色に、

鉄媒染は少しグレーがかった深い色合い

arbreでは、ミョウバンを”カフェオレ”

鉄媒染はエスプレッソを使った”カプチーノ”と呼んでいます

真ん中が「カフェオレ」右が「カプチーノ」左は元の糸