コーヒー染めと手織りの話

おはようございます。arbre(アルブル)です。

今日は何故、コーヒー染めと手織りなのか。そんな話を少し書きたいと思います。


コーヒー染めをやりだした話は、以前書いたと思いますが、

私はコーヒー好きだから。そこから始まったコーヒー染め。

でも、染めて手織りしなくても!

市販の生地をコーヒーで染めて、バッグなどに仕立てたり。それで良かったのでは?

と思った方もいるのではないでしょうか。


そもそも、 生地を染めてしまうと全部がコーヒー色。

もしくは絞り染め?とか色々染めるときに模様は作れますよね。

 でも、例えば縦糸を白。緯糸をコーヒー染め。 こういったヘリンボーンや模様は糸を染めて織らないと出来ない。きっと。

 だから、糸を染めて織っています。

 

好きなコーヒーで染める。

そして好きな柄を好きな織り機で織る。 

そして、出来るならコーヒー好きな人に届けたい。 コーヒーを何時でも身近に感じて欲しい。

そんな想いで、カタカタと鶴の恩返しをしています。

手織りは、もともとやっていた事ではありますが。

私の織る意味、理由を少し知っていただけたでしょうか。


染めて、織る。

そこには、理由がありました。


・・・おわり・・・ 

 今日も笑顔が多くありますように♪

 arbre 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 ▶オンラインショップ  arbre shop 

 ▶SNSアカウント  Instagram facebook 

 ▶モノつくりについて詳しくは ホームページ  

arbre handwoven fabric - コーヒーと、手織りと丁寧なくらし -

お気に入りのモノたちに囲まれた心地よい暮らし コーヒー好きな人に、コーヒーをいつでも身近に感じて欲しくて コーヒーの出涸らしで染めた糸を使ったモノつくりをしています。 丁寧に織りあげた、ぬくもりのある手織り生地を仲間入りさせませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000