染めている糸の話

こんにちは。arbre(アルブル)です。

今日は、糸の話をしたいと思います。


糸といっても、様々な素材の糸がありますよね。

綿、ウール、シルク、リネン、カシミア…etc

簡単にですが、この素材あたりが織りではよく使われます。

それぞれに特徴があり、織るものによっても使い分けたりします。


そんな中、arbreは糸にこだわろうと思いました。

コーヒー染めをするには、どんな糸がいいか。

バッグ、小物になったとき、どんな糸がいいか。

そこで見付けたのが「スーピマコットン」です。

アパレルでも、たまに見かける素材なので聞いたことある方もいるのでは?

スーピマコットンとは

アメリカ綿の中でも最もグレードの高い上質綿。綿花の繊維が長いため、繊維を細くでき、絹のような光沢があり、 毛羽立ちが非常に少ないことが特徴です。

 生地にすると、とても滑らかで、しなやかで、やわらかな肌触りになります。

この品がある糸を染めて、バッグになったら素敵。

上品のある織り生地になり、ずーっと触っていたくなるものが出来るのではないか。と。

そして、コーヒーのナチュラルカラーに染めたら、更に上品になる。

愛着もたくさん沸いて、長く使ってもらえるものが出来るな~と。

皆さんに、触れて欲しいです。

この滑らかな触り心地を。

そして程よい光沢が織り柄を引き立ててくれます。上品でクールに。大人の雰囲気に。



もし、お店やどこかで「スーピマコットン」という言葉をみかけたら、

是非是非、コーヒー染めのarbre!!なんて思ってくらたら嬉しいです。


・・・おわり・・・

 今日も笑顔が多くありますように♪

arbre

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

コーヒー好きがつくるモノつくり【コーヒーと、手織りと丁寧なくらし】 

▶オンラインショップ  arbre shop

 ▶SNSアカウント  Instagram facebook 



arbre coffee dyed - コーヒー染めと、手織りと丁寧なくらし -

お気に入りのモノたちに囲まれた心地よい暮らし コーヒー好きな人に、コーヒーをいつでも身近に感じて欲しくて コーヒーの出涸らしで染めた糸を使ったモノつくりをしています。 丁寧に織りあげた、ぬくもりのある手織り生地を仲間入りさせませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000